総合メディカルの「女性医師クリニックモール」構想 平成12年以降、医師国家試験合格者に占める女性の割合は3割を超えていますが、女性医師の活躍できる環境が充分に整っているとはいえない現状があります。 そこで、総合メディカルは、患者さんやご家族のニーズに応える場、また、女性医師の新しい働く場として、「女性医師クリニックモール」を提案します。医師としての夢も、ワークライフバランスの実現も「全て、叶えたい」女性医師とともに、「女性医師クリニックモール」構想を進めています。

女性医師の増加と労働環境


日本の16~64歳の生産年齢人口は、少子高齢化の進展で減少傾向にあり、労働力の減少は経済成長のマイナス要因として懸念されています。国は、こうした労働力人口の減少に対して、「成長戦略としての女性活躍の推進」を掲げ、取り組みを開始しています(平成26年経済産業省)。
女性医師についていえば、医療施設に従事する女性医師の数は増加傾向にあり、平成26年時点で60,495人と平成24年に比較して3,806人、6.7%増加しています。

性別・年齢階級別 医師施設に従事する医師数

性別・年齢階級別にみた医療施設に従事する医師数
資料出所:「厚生労働省平成26年 医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」


しかし、女性医師が活躍できる環境が整っているかというと、そうとは言えないのが現状です。医学部卒業後、女性医師の就業率は、年齢の上昇ともに急激に低下し、35歳では76.0%まで下がります。
これは、結婚・出産など女性特有のライフイベントによるものと推測されます。就業率は35歳頃を底として回復していきますが、結婚・出産により数年間は、医師として働きづらい環境があることを物語っています。
30代半ばという時期は、医師として研鑽を積み、専門医や学位を取得するのにも重要であり、この期間に医師として働くことができないのは、医師個人にとっても、社会的にも大きな損失です。

男性医師と女性医師の就業率

男性医師と女性医師の就業率
(注)医師が25歳で卒業すると仮定した場合の就業率である。
(出典)平成18年度厚生労働科学研究「日本の医師需給の実証的調査研究」(主任研究者 長谷川敏彦)

女性医師の活躍とクリニックモール


女性医師の活躍とクリニックモール 総合メディカルでは、多くの女性医師にDtoDにご登録いただいています。「女性医師クリニックモール」実現に向けて、モールに適した物件の調査を実施するとともに、女性医師を対象とした開業セミナーや「女性医師クリニックモール」での開業に関する座談会を定期的に開催しています。
厚生労働省が平成27年に公表した「女性医師のさらなる活躍を応援する懇談会報告書」には、「ワークシェアリング」や「子どもの成長に応じた勤務時間の提案」などが盛り込まれています。
総合メディカルが構想中の「女性医師クリニックモール」は、まさに女性医師のさらなる活躍を応援するものです。



クリニックモール開業に関する お問合せ・ご相談