医療モールでの開業には、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。 開業する前に医療モールについて多様な角度から検討しておけば、メリットは最大限に活用され、デメリットは、対策を立てることにより克服することができます。
メリット、デメリットについて知識を得ておくことは、医療モール開業を成功させる大切なポイント です。

医療モール開業のメリット

集患力がある

クリニックの競争激化も起きている昨今の状況では、開業後どのくらい多くの患者さんに来てもらえるかは、開業を考える時の大きな関心事です。

地域にとって医療モールの開設は大きなイベントといえます。地域の人々からの注目も集まるのでクリニックの認知度が一層高まります。開業後の健康相談会、健康セミナーなど地域医療に貢献する医療モールならではの協同集患も可能です。一般の開業に比べて、集患しやすいことがあげられます。

資金計画から資金調達までの軽減が可能

「いったいどのくらいの資金を用意し、どこから調達したらよいのか」。開業に当たって多くの医師が資金計画や資金調達に頭を悩ますことになります。これまで医療に専念してきた医師にとって、資金の準備は開業の第一関門です。

金融機関から資金を借り入れるために必要なものは、担保よりもしっかりした事業計画です。コンサルタントのサポートが得られる医療モールでの開業なら、資金計画から事業計画までを親身になってサポートしてくれるため、金融機関からの融資も受けやすくなります。

モール内のクリニックと連携が図れる

医療モールには、内科、小児科、整形外科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科など、複数の診療科の専門医師が開業します。開業支援会社はコンサルティングを行い、開設診療科組成のために医師同士を引き合わせることにより、医療分担や診療内容の調整を行います。
身近な専門医連携によるグループ診療で、質の高い医療が提供できると共に、医師の安心感や負担軽減にも繋がります。

このため、開業医同士の意思疎通が図られ、患者さんのデータを共有したり、患者さんを紹介しあったりすることも可能になります。
また、スタッフとのコミュニケーションなどに悩むこともあるでしょうが、そんなときこそ同じ医療モール内に、相談できる医師仲間がいることが心強く感じられることでしょう。

経営・マネジメントの負担軽減

「一人でも多くの患者さんを丁寧に診察したい」。それは医師に共通した思いです。 地域の人々に親身になって高度な医療を提供するには、十分な診療時間を確保し、医療に集中しなければなりません。

そのためには医療行為以外の、スタッフ募集、集患努力、資金繰り、事務作業、経営・マネジメントなどに必要以上の時間や労力をとられないことが大切です。総合メディカルでは、医療モール開業後も、人材募集・採用アドバイス、スタッフ教育、医療機器導入支援、保険商品の最適な提案などで医師をサポートします。煩雑過ぎる状態になりがちな、経営・マネジメントの負担が軽減され、医療に専念できる時間を十分に確保することが可能になります。

地域医療への貢献

「医療を通じて地域に貢献したい」。そんな志を持って開業する医師にとって、単独での開業は、思いを実現するのにも限界があります。医療モールでの開業なら、医療モール内の医師同士が協同して、訪問医療を行うことも可能になります、薬局や介護施設などとの連携を通じて幅広く地域医療に貢献することができます。

医療モール開業のデメリット

医療モール内の他のクリニックの評判が影響する

もし医療モールで開業している他のクリニックの評判が悪くなった場合、同じ医療モールで開業しているクリニック全体の評判に影響が及ぶことも考えられます。

総合メディカルは、医療モール開設にあたり、参加を予定している医師と慎重に面談を重ね、開業医としての適性などを判断し、開業後も定期的なコンサルティングにより地域の人々に評価していただける医療を提供します。他のクリニックの評判による悪い影響の波及も早期に制止するよう努めています。

医療モール内にディスコミュニケーションが生じる

医療モールは、小さな共同体です。医師や看護師、薬剤師など施設で働く人々には対話を通じた信頼関係の構築がなければなりません。気になるのは医療モールの人間関係です。
こうした問題は、優れたコンサルタントが医療モール内にいることで解決することが可能です。例えば、月に一度医療モールの関係者が集まり情報共有会を開き、お互いが日ごろから感じている医療モール内の課題を話し合うことで、相互の信頼関係が構築されていきます。

総合メディカルは医療モール内の人間関係が円滑に進むようにサポートし、勤務する人たちが働きやすい環境をつくるなど、コンサルタントとしての役割を果たします。

立地選定ミス、建物・施設の選定ミス

医療モールの開業はすべてが成功するとは言えません。立地が適していなくて患者さんが思うほどは来ない、建物・設備が使いにくいなど、医療モールならではのリスクや問題も発生することがあります。

総合メディカルが運営する医療モールは、事前に入念な立地や診療圏調査を行い、最適な設備を選定、医療と親和性の高い施設を誘致するなど、新たに開業するのに相応しい環境を整えることにより安心して開業することができます。